fc2ブログ
前のページ 次のページ
「能面と能装束-みる・しる・くらべる-」展 三井記念美術館
三越前
chariot

日本橋の三井記念美術館では「能面と能装束-みる・しる・くらべる-」展が
開かれています。
会期は9月21日(日)までです。

能001


「翁(白色尉(はくしきじょう))」 伝日光作 室町時代 重要文化財
能001

「式三番」と呼ばれる、神事芸能として演じられる三つの演目のうちの「翁」の面です。
天下泰平を寿ぐ長老の顔を表し、あごは顔と切り離して紐でつなぐという古い形を
残しています。
面そのものが神として扱われ、演者は舞台の上で面箱からこの面を取り出して
顔に付けます。

「孫次郎(オモカゲ)」 伝孫次郎作 室町時代 重要文化財
能002 能004

金剛座の太夫だった金剛右京久次(孫次郎)が若くして亡くなった妻の面影を写して
打った面といわれています。
どこか儚げな表情を浮かべています。

「小面(花の小面)」 伝龍右衛門 室町時代 重要文化財
能002

豊臣秀吉が愛好したという雪・月・花の小面の一つです。
雪は京都の金剛宗家にあり、月は江戸城の火災で焼失したそうです。

この展覧会では何点かの面は裏側も見えるようになっています。
この面には金泥で、「秀吉公拝領 花小面 タツエモン作 天下三面之内」と書かれています。

「不動」 室町〜江戸時代 重要文化財
能003

不動明王を模した面で、仏像と同じく、右目が天を、左目が地を向く天地眼になっています。
裏には普通、漆が塗ってあるのですが、この面は素地のままです。
顔から外すことが出来ない、「肉付きの面」とも呼ばれているのは、仏像の顔を剥がしたように
見えるためかもしれないとのことです。

似た種類の面も対になって並べられていて、その違いが解説されています。

「紅白萌黄段亀甲石畳雲板蝶火焔雲笹模様厚板唐織」 明治時代
能005

地の色を紅・白・萌黄に区分けし、亀甲文と石畳文を交互に並べ、その上に
蝶や笹、雲板などを置いてあります。
とても手の込んだ、豪華な衣装です。

「刺繍七賢人模様厚板唐織」 明治時代
能006

びっしりと刺繍で描いた、竹林の七賢人、唐子、鶴亀、獅子、象などで埋め尽くしています。
真ん中にはハリネズミまで居ます。

「赤楽茶碗 銘 鵺」 道入作 江戸時代 17世紀
三008

茶室に置かれています。
赤々とした茶碗で、胴に雲のような黒い塊が見えます。
平家物語に出てくる、夜な夜な御所の上に現れて近衛天皇を悩ませ、
源頼政に退治された鵺(ぬえ)になぞらえた名です。
「鵺」は能の演目にもなっています。
今年、重要文化財に指定されました。

展示室7では『三越伊勢丹所蔵 歌舞伎衣裳「名優たちの名舞台」』が開かれています。
六代目尾上菊五郎など歌舞伎の名優の着た豪華な衣装13点が展示されています。


「正月飾文様打掛」 六代目尾上菊五郎着用 昭和時代
能007

「助六所縁江戸櫻(すけろくゆかりのえどざくら)」で三浦屋の花魁、揚巻の着た打掛です。
背中に、橙、御幣、金色の縄を付け、羽子板、羽根、門松、梅花、手毬をあしらった、
正月尽くしのめでたい趣向です。

能の幽玄と華麗をともに楽しめる展覧会です。

展覧会のHPです。


三井記念美術館の次回の展覧会は特別展、「東山御物の美―足利将軍家の至宝―」です。
会期は10月4日(土)から11月24日(月・振替休)までです。


【2014/08/21 22:30】 美術館・博物館 | トラックバック(0) | コメント(0) |
「馳走三昧 大丸東京店」
東京
chariot

「馳走三昧 大丸東京店」は大丸東京店の12階にあります。
場所は千代田区丸の内1-9-1です。

三IMG_0542 - コピー

三IMG_0537 - コピー


バイキングのお店で、144席と大きく、全席禁煙です。

三IMG_0517 - コピー


東京駅の八重洲側を見渡すことが出来ます。

三IMG_0520 - コピー

三IMG_0515 - コピー


八重洲口広場を見下ろしたところです。

三IMG_0532 - コピー


ディナータイムは一人2808円です。
カニの食べ放題が評判のお店で、カニを山盛りにしたお客さんもいました。

三IMG_0539 - コピー


小分けできる四角いお皿に取ります。

三IMG_0530 - コピー

三IMG_0527 - コピー


スイーツとコーヒーで締めました。

三IMG_0536 - コピー


味はほどほどですが、広々とした景色を眺めながらの食事を楽しめるお店です。


【2014/08/20 14:37】 お店 | トラックバック(0) | コメント(0) |
「インターメディアテク」 丸の内のJPタワー 2014/7
東京
chariot

丸の内のJPタワーのJPタワーの2.3階にある、JPタワー学術文化総合ミュージアム、
インターメディアテク(IMT)は東京大学総合研究博物館と
日本郵便株式会社が協働して運営を行なうミュージアムです。
入場は無料です。

現在、常設展示の他に3つの企画展示がされています。

イ001 イ003 イ002


1.特別展示、「マリリンとアインシュタイン―神話的イコンに捧げる讃歌」

現代の「イコン」の展示で、会期は10月5日(日)までです。

1954年にマリリン・モンローがジョー・ディマジオとの新婚旅行で日本を訪れた際に
ディマジオがミキモトで購入して、モンローに贈ったとされる真珠のネックレスが
展示されています。
39粒の真珠を連ねていて、留め具にはダイヤモンドも使われています。
ミキモトアメリカの所蔵となっているので、オークションでミキモトが買い戻したのでしょうか。
ネックレスという「物」がスターの「イコン」となっています。

壁にはギタリストで写真家のメーソン・ウィリアムスが制作した、長さ10m以上ある
グレイハウンドバスの実物大モノクロ写真が貼られています。
広大なアメリカを表すイコンでしょうか。
ビリー・ジョエルの「ニューヨーク・ステート・オブ・マインド」にもグレイハウンドバスが
歌われていたのを思い出します。

他にアンディ・ウォーホルの作品や、エルヴィス・プレスリーのサイン入りポストカードなども
展示されています。


2.特別展示、「造形美考―フォルムの「美」をめぐって」

自然の造形として羊の角や動植物の標本、人工の造形の抽象的なオブジェなどが
展示されています。
「形」というものを考えるきっかけになります。


3.特別展示、ケ・ブランリ・トウキョウ「純粋形態―アフリカの諸部族の貨幣」

ケ・ブランリ・トウキョウはパリのケ・ブランリ美術館と東京大学総合研究博物館の
共同企画による展示で、今回が2回目です。

アフリカの諸部族の貨幣約20点が展示されています。
貨幣と言っても、巨大な鍬の形や槍の穂先をつなぎ合わせた形をしています。
古代の中国でも包丁のような形をした刀貨というのがありました。
貨幣の始まりはどんなだったかを見せてくれる展示です。

ケ・ブランリ美術館は2006年にパリに開館した美術館で、ヨーロッパ以外の地域の
文化を新しい視点での評価や解釈を目的としています。


インターメディアテクのHPです。


【2014/08/19 20:10】 美術館・博物館 | トラックバック(0) | コメント(0) |
銀座ソニービルの「Sony Aquarium」 2014/8
銀座
chariot

銀座のソニービルでは今年も沖縄美ら海水族館の監修で、「美ら海(ちゅらうみ)」を再現した
「Sony Aquarium」が設けられています。
期間は8月31日(日)までです。

屋外イベントスペース「ソニースクエア」では大型水槽に沖縄の海の生き物が泳いでいます。

ソIMG_0066 - コピー

ソIMG_0033 - コピー

給餌タイムもあります。
ソンIMG_0040 - コピー

常連のウツボです。
ソIMG_0042 - コピー

カメラ目線のナポレオンフィッシュです。
ソIMG_0062 - コピー

ソIMG_0056 - コピー

ソIMG_0065 - コピー

ソIMG_0054 - コピー

海の向こうに数寄屋橋交差点が見えます。
ソIMG_0064 - コピー

ソIMG_0050 - コピー


【2014/08/18 20:03】 街歩き | トラックバック(1) | コメント(0) |
「あしたのジョー、の時代展」 練馬区立美術館
中村橋
chariot

練馬区立美術館では、「あしたのジョー、の時代展」が開かれています。
会期は9月21日(日)までです。

ジョー001


高森朝雄(梶原一騎)原作、ちばてつや作画の「あしたのジョー」は1967年暮れから
1973年まで「週刊少年マガジン」に連載されています。

展覧会では、ちばてつやの原画を中心に、「あしたのジョー」の世界を再現し、
併せて同時代の芸術作品の展示により当時の社会状況、雰囲気を伝えています。

入館券にはミシン目が入っていて、切り抜いて折ると立たせることが出来ます。

ジョー007

「立つんだ、ジョー」


扉絵原画 「週刊少年マガジン」 1968年1月1日号
ジョー002

矢吹丈が登場する場面です。
流れ着いたドヤ街の景色で、道は舗装されておらず、街灯は白熱灯、トタン屋根、
塀に埋めたガラス片、ストの貼り紙、遠くにはのこぎり屋根の工場が見えます。

扉絵原画 「週刊少年マガジン」 1972年4月9日号
ジョー005

ジョーとドヤ街の子どもたちです。
遠くにのこぎり屋根の工場と煙突、ガスタンク、トタン屋根、石置き屋根が見えます。
ジョーはこのドヤ街でトレーナーの丹下段平と出会い、ボクシングの道を進むことになります。

山田卓司 「泪橋の丹下拳闘クラブ」 ジオラマ 2014年 作家蔵
段平のボクシングジムは泪橋の下にある木造バラックで、木の橋板が天井になっていています。
洪水になったらどうなるのだろうかという場所です
泪橋は荒川区南千住に実際にあった橋の名です。

ジョーと段平の出会いは、飲んだくれて溝にはまって寝ていた段平をジョーが知らずに
踏んでしまったことによるもので、矢作橋で寝ていた木下藤吉郎を蜂須賀小六が
踏んだという俗説を思い出します。

扉絵原画 「週刊少年マガジン」 1971年8月8日号
ジョー004

「あしたのジョー」は多くの青年の共感を集め、日本航空「よど号」をハイジャックした赤軍派は
「われわれは明日のジョーである」と声明を出し、三島由紀夫は毎号欠かさず読んでいた
ということです。

ボクシングという、時には命を掛け、相手の肉体を攻撃する、スポーツを超えた
闘争の世界の物語であることも共感を得た理由でしょう。

扉絵原画 「週刊少年マガジン」 1970年2月8日号
ジョー006

宿命のライヴァル、力石徹との対戦での力石の見せたポーズです。
この両腕をだらりと下げ、ファイティングポーズを取らないのは元はジョーの戦法でした。

力石はこの戦いに勝った直後に急死しますが、フィクションにもかかわらず、
800人もが参列する葬儀が行われ、寺山修司が葬儀委員長を務めています。

ジョーと力石が出会った所は高等少年院ですが、ここで豚の群れを疾走させて
その隙に脱走しようとしたジョーに対し、
豚を叩きのめして妨害したのが力石でした。
豚の疾走は福音書に書かれている、イエスの業を示す出来事の一つです。

対戦相手のカーロス・リベラがドヤ街を訪れ、公園のベンチでギターの弾き語りをする
場面があります。

ひたいをおつる玉の汗
化して垂穂の実となりぬ

これは讃美歌の一節で、ちばてつやの作品にはキリスト教の要素も入っています。

ジョーは自分に想いを寄せる林紀子に、なぜボクシングにそんなに打ち込むのか訊かれ、
ボクシングには不完全燃焼な人生では得られない魅力があると答えています。

ほんのしゅんかんにせよ
まぶしいほどまっかに燃えあがるんだ
そしてあとにはまっ白な灰だけがのこる
燃えかすなんてのこりゃしない
まっ白な灰だけだ

この言葉は同時代人である団塊の世代の人たち、そして後の世代の人たちにとっても
重い問い掛けになります。
自分は不完全燃焼ではなく、真っ赤に燃え上がり、真っ白な灰になったことがあるのか、
なれるのかと。

扉絵原画 「週刊少年マガジン」 1973年4月22日号
ジョー003

「あしたのジョー」のラストシーンです。

燃えたよ
まっ白に燃えつきた
まっ白な灰に


【2014/08/17 20:32】 美術館・博物館 | トラックバック(0) | コメント(2) |
「パパス・カフェ 丸の内本店」 2014/8
東京
chariot

丸の内の新東京ビル1階にある「パパス・カフェ 丸の内本店」に行ってきました。
こちらはアパレル部門の隣のお店で、雰囲気が良いので時々利用しています。

場所は千代田区丸の内3-3-1です。

パIMG_0733 - コピー

パIMG_0732 - コピー


ランチにはサラダが付きます。

パIMG_0711 - コピー


マルゲリータ1296円です。

パIMG_0718 - コピー

ややもっちりしていて、美味しいです。

こちらは小海老とキャベツのリゾット1296円です。

パIMG_0715 - コピー

こちらも美味しいです。


ランチコーヒー214円です。

パIMG_0722 - コピー


フレンチですが、それ程苦味は強くありません。

休日の昼下がり、ベル・エポック風の落着いた店内で、ゆっくり時間を過ごしました。


以前、「パパス・カフェ 丸の内本店」に行った時の記事です。


【2014/08/16 23:14】 お店 | トラックバック(0) | コメント(0) |
「東京こだわりの風景画展―文学のある街を描くII」 丸善丸の内本店
東京
chariot

丸の内オアゾ内の丸善丸の内本店4階ギャラリーでは、「東京こだわりの風景画展
―文学のある街を描くII」が開かれています。
会期は8月19日(火)までです。

20人の画家たちの描く、文学にゆかりのある東京の風景画の展覧会です。
水彩、油彩、ペン画などの多数の作品が展示され、出展作家の絵入り団扇も
チャリティーで販売されています。

出展作家は以下の通りです。

大須賀一雄(ペン彩画)、大津通臣(油彩画)、岡本真由蘭(彩色ペン画)、小川幸―治(日本画)
久山一枝(水彩画)、小林征治(水彩画)、塩沢宗馬(水彩画)、須貝 仁(墨彩画)、
杉山八郎(ペン画)、杉山浩一(ペン画)、瀧川信介(水彩画)、竹内喜久江(水彩画)、
土屋始彦(水彩画)、長島香織(淡彩日本画)、畑 和博(水彩画)、檜垣友見子(油彩画)、
日髙めぐみ(水彩画)、松倉茂比古(日本画)、師岡正典(ペン画)、安住孝史(鉛筆画)

夏目漱石、森鴎外、池波正太郎などの作品の舞台となった上野、谷中、神田、佃、
神楽坂、渋谷などの風景を描いた絵が並んでいます。
東京駅丸の内駅舎は復元前と後の両方が描かれています。

小林征治 「菊坂の伊勢屋質店(文京区本郷2丁目)」
樋口一葉「日記」など
東001

樋口一葉がよくかよった質屋です。

安住孝史 「運のいい街(墨田区京島)」
永井荷風「墨東奇譚」、滝田ゆう「寺島町奇譚」など
東002

関東大震災と空襲の火災をを免れた、運のいい街です。
滝田ゆうのマンガには「ぬけられます」の看板も描かれていました。


【2014/08/15 20:46】 美術館・博物館 | トラックバック(0) | コメント(0) |
「イーエーグラン(e.a.gran) 六本木」 六本木ヒルズ
六本木
chariot

「イーエーグラン 六本木(e.a.gran)」は六本木ヒルズ森タワーの4階にあります。
場所は港区六本木6-10-1 です。

イIMG_0107 - コピー


2014年の2月にオープンしたお店で、全席禁煙、広いお店は通路に向かって
開いているので更に広く感じます。
ブラウン系でまとめられた店内は落着いた雰囲気です。

イIMG_0106 - コピー


4階にあることもあって、休日の昼前でしたが席はかなり空いていました。

イIMG_0096 - コピー

イIMG_0109 - コピー


LSPシーフードセット1010円です。

イIMG_0098 - コピー

イIMG_0103 - コピー


六本木ヒルズはいつも人が多いところですが、こちらはゆったりしているので、
森美術館や森アーツセンターギャラリーに行った帰りの疲れ休めにちょうど良いお店です。


【2014/08/14 23:20】 お店 | トラックバック(0) | コメント(2) |
「日本の美を極める 近代絵画が彩る四季・花鳥・風情」展 ホテルオークラ東京アスコットホール
六本木一丁目・神谷町
chariot

虎ノ門のホテルオークラ東京アスコットホールではチャリティーイベント、
「第20回秘蔵の名品アートコレクション展」として、
「日本の美を極める 近代絵画が彩る四季・花鳥・風情」展が開かれています。
会期は8月31日(日)までで、期間中は無休です。
今回の展覧会の純益は日本赤十字社等を通じて、社会貢献のために寄付されます。

日009


8月8日にブロガーナイトがありましたので、行ってきました。
監修の熊澤弘さんの解説を交えての鑑賞会でした。
展示は日本の自然を描いた作品と美人画の二つが中心で、約80点が展示されています。

写真は主催者の許可を得て撮影したものです。

広々とした展示室です。
正面に横山大観の「夜桜」と竹内栖鳳の 「河畔群鷺」が見えます。

日IMG_0295

高橋由一 「墨水桜花輝耀の景」 明治7年(1874) 府中市美術館
日IMG_0346

高橋由一は明治の洋画の草分けです。
広重風の構図に洋風の写実という、由一の模索が偲ばれる作品です。

上 横山大観 「四季の雨」 明治30年(1897) 東京藝術大学
下 横山大観 「山四趣」 大正14年(1925) 大倉集古館

日IMG_0336

四季を描いた、制作時期の異なる掛軸を一緒に観られるように、工夫して展示してあります。

「四季の雨」より「春」
日001

「山四趣」より「春靄」
日002


東山魁夷 「渓音」 昭和61年(1986) 東京藝術大学
日IMG_0352

大きな作品で、青や緑の多い東山魁夷には珍しく、赤色を中心にしています。
深みのある色調の中に滝の音が響いています。
赤目四十八滝の写生を基にしているそうです。

横山大観 「夜桜」 昭和4年(1929) 大倉集古館
大倉012

左隻
大倉013

右隻
大倉014

横山大観の代表作で、篝火に浮かび上がる満開の山桜と山の端にかかる満月です。
豪華極まりない装飾画で、桜の花はおしべまで描き込んであります。
周辺を暗く描いているので、桜は吹き上がるように輝いて見えます。
昭和5年(1930)にローマで実現させた、「羅馬開催日本美術展」に
出品された作品で、ローマでは特に評判の高かったそうです。

竹内栖鳳 「河畔群鷺」 明治37年頃(c.1904) 公益財団法人ひろしま美術館
日004

日005

金屏風に墨と胡粉だけで描いた、引き締まった画面です。
白鷺は簡略な筆遣いですが、見事にその姿を表しています。

木島櫻谷 「竹林老狸」 制作年不詳 古川美術館
日006

木島櫻谷は四条派伝統の写実に近代的な感覚の加わった作品を描いています。

今年の初め、泉屋博古館分館で開かれた、「木島櫻谷―京都日本画の俊英」展の記事です。

松林桂月 「南天」 昭和33年(1958) 株式会社明治座
日003

松林桂月は気品のある画風を特徴としています。

今年の春、練馬区立美術館で開かれた、「松林桂月展―水墨を極め、画中に詠う」の記事です。

上村松園 「桜狩の図」 昭和10年(1935) 培広庵コレクション
日007

桜の模様の振袖に亀甲模様の帯の娘さんは花見に出かけるところでしょうか。
お嬢さんと女中の組合わせは鈴木春信などの浮世絵にも見られます。

池田蕉園 「秋思」 明治40年頃(c.1907) 培広庵コレクション
日008

こちらは秋の風情で、菊模様の振袖姿の女性が文机にもたれています。
簾越しに描いてあるのが見せ所で、上村松園もよくこの技を使っていました。
培広庵コレクションは美人画の個人コレクションで、この展覧会にも数点、展示されています。

安井曾太郎 「静物」 昭和17年頃(c.1942) 個人蔵
日IMG_0367

静物画もあります。
仏手柑と赤かぶという、鮮やかな色彩の取合わせで、画面の区切り方もセザンヌ風です。

他に、円山応挙、下村観山、奥田元宋、伊藤深水、橋本明治、小倉遊亀、
加山又造、中島千波、などの作品も展示されています。

普段はなかなか観る機会の無い、企業や個人の所蔵する作品もあり、この機会に
観に行かれることをお勧めします。

展覧会のHPです。


【2014/08/13 21:58】 美術館・博物館 | トラックバック(0) | コメント(0) |
「たよりない現実、この世界の在りか」展 銀座 資生堂ギャラリー
銀座
chariot

銀座の資生堂ギャラリーでは「たよりない現実、この世界の在りか」展が開かれています。
会期は8月22日(金)までです。
月曜日は休館で、月曜が祝日の場合も休館です。

たより001


アーティストの荒神明香(こうじんはるか)さん、ディレクターの南川憲治さん、
制作の増井宏文さんによる現代芸術活動チーム目【め】の個展です。

「点検口」と書かれたドアから入ります。

現IMG_0211


ギャラリーの地下に出現したホテルの廊下を進み、部屋を見ているうちに
不思議な違和感を感じます。
何だろうと思ってその理由が分かった時には、とても考えた仕掛けが
されていることに驚いてしまいます。

現IMG_0214


たよりない現実というか、たよりない認識を認識させられる展示で、
一度行ってご覧になることをお勧めします。

展覧会のHPです。


数寄屋橋にはゴジラが出現していました。

銀IMG_0067 - コピー



【2014/08/12 23:14】 美術館・博物館 | トラックバック(0) | コメント(0) |
「京はやしや 東京ミッドタウン店」
六本木・乃木坂
chariot

「京はやしや 東京ミッドタウン店」は東京ミッドタウンのガレリア地下1階にあります。
場所は赤坂9-7-3です。

林IMG_0204 - コピー


お茶を中心にした甘味処で、山のように盛り上がったかき氷のメニューもありました。

林IMG_0207 - コピー

林IMG_0208 - コピー


店内は和風の落着いた雰囲気です。

林IMG_0195 - コピー


ランチのおばんざいセット1080円です。

林IMG_0201 - コピー

ほうじ茶の茶飯にいろいろなおばんざいが少しずつ並んでいて楽しめます。

休日の昼は順番待ちになるので、早めの時間に行かれると良いでしょう。


【2014/08/11 22:46】 お店 | トラックバック(0) | コメント(0) |
『泥象(でいしょう) 鈴木治の世界―「使う陶」から「観る陶」へ、そして「詠む陶」へ』展 東京ステーションギャラリー
東京
chariot

東京駅の東京ステーションギャラリーでは、『泥象(でいしょう) 鈴木治の世界
―「使う陶」から「観る陶」へ、そして「詠む陶」へ』が開かれています。
会期は8月31日(日)までです。

泥象001


鈴木治(1926-2001)は京都市出身で、戦後間もない1948年に八木一夫、山田光らとともに
前衛陶芸家集団、「走泥社」を結成し、実用性を離れた、「観る陶」を制作しました。

「泥象」とは「土のかたち」という意味で、鈴木治が自分の作陶の思想を表した言葉です。

作品の多くは青白磁と赤い化粧土を塗った焼締めで、約140点が展示されています。

「作品」 1954年
泥象003

壷でも花活けでもなく、オブジェとしての陶器になっています。

「縞の立像」 1971年 樂翠亭美術館
泥象004

清澄な青白磁は作品の一つの中心です。

「馬」 1971年 京都国立美術館
泥象005

もう一つの中心は釉薬を使わず、素地を活かした焼締めです。
古墳の壁画や埴輪のような素朴な力強さがあります。
具象的な作品も多く、馬はよくモチーフになっています。

「花の馬」 1980年 
泥象006

花に囲まれた馬のイメージです。

「消えた雲」 1982年
泥象002

チラシに載っている作品です。
とぼけた味わいの題名です。

「風の区域」 1986年 資生堂アートハウス
泥象007

焼締めは、文字通り硬く締まった質感で、赤色に深みがあり、頼もしさを感じます。

「走れ三角」 1980年
泥象008
 
ユーモラスな作品も幾つかあります。
何だかイカのようです。
焼締めの「節分の客」(1967)は、曲がった四角の柱に牙のような三角が付いています。
青白磁の「神経質な鳥」(1975)は箱型の胴の上にトサカのような三角が何枚も並んでいます。


「掌上泥象 三十八景」(1987)や「泥象 四季」(1992)のように、一続きに並べた何個もの
作品で構成される、「詠む陶」という作品群もあります。


現代陶芸の開拓者の一人である鈴木治の軌跡をたどることの出来る、興味深い展覧会です。


展覧会のHPです。


【2014/08/10 21:17】 美術館・博物館 | トラックバック(0) | コメント(1) |
プロフィール

chariot

Author:chariot
美術館・博物館めぐりとカフェの記事を書いています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード


<<前ページ | ホーム | 次ページ>>