fc2ブログ
前のページ 次のページ
「花燃ゆ」展 江戸東京博物館
両国
chariot

両国の江戸東京博物館では2015年NHK大河ドラマ特別展、「花燃ゆ」展が
開かれています。
会期は7月20日(月・祝)までです。
6月28日までの前期と6月30日までの後期で、一部展示替えがあります。

花001


吉田松陰の妹、杉文(後の楫取美和子)の生涯とともに、幕末維新期の長州藩士の活動を示す
資料が展示されています。

「費用録」 嘉永4年3-8月 山口県文書館
前期の展示です。
吉田松陰が旅行中に付けていた小遣い帳です。
以前読んだ、山口県教育委員会編の「吉田松陰全集」にも小遣い帳の内容が載っていました。
「お入れ」(見世物小屋)に入ったり、「追々つかい尽くす」と書いてあったりで、好奇心の旺盛な
青年の面影が浮かびます。

「吉田松陰全集」には、耳の聴こえない弟の敏三郎を気遣って神社に納めた願文もありました。
とても弟思いの、細やかな心情が綴られています。

「佐久間象山送別詩」 嘉永6年9月 松陰神社(山口県)
プチャーチンが乗って長崎に来航していたロシア船に乗り込んで密航しようとした松陰に、
師の佐久間象山が贈った激励の詩です。
「一見は百聞を超ゆ」の言葉があり、西洋文明への強い関心を示しています。
この意識が明治維新を起こした原動力になっています。

「高杉晋作等血判状 吉田松陰宛」 安政5年12月11日 宮内庁書陵部
吉田松陰は、幕府が勅許を得ずに日米修好通商条約を結んだことに怒り、老中首座の
間部詮勝の殺害を計画します。
師の過激化を心配した高弟たちが血判を押して諌めた手紙で、久坂玄瑞、高杉晋作、
飯田正伯、尾寺新之丞、中谷正亮が名を連ねています。
松陰はこれを読んで弟子たちが不甲斐無いとして激昂し、絶縁しています。
この5人のうち、生きて明治の世を迎えることの出来たのは尾寺新之丞だけです。

「吉田松陰絶筆」 安政6年10月27日 山口県文書館
花005

前期の展示です。
安政の大獄によって江戸に護送され、伝馬町牢屋敷で斬首された吉田松陰が処刑場への
呼び出しを受けて書いた辞世の歌です。

 此程に思定めし出立ハけふきくこそ嬉しかりける

4句目が字足らずですが、直す時間が無かったためか、横に点を一つ打ってあります。

「涙袖帖 久坂玄瑞書簡 文宛」 文久3年8月29日、元治元年1月19日
花004

後期の展示で、前期は複製の展示です。
久坂玄瑞が妻の文に宛てて送った手紙を巻物に仕立ててあります。
久坂玄瑞は元治元年7月19日の禁門の変に敗れて自刃しており、1月19日付の手紙が
最後のものとなっています。

「馬関戦争図」 下関市立長府博物館 元治元年頃
長州藩が攘夷を実行し、外国船を砲撃したため、イギリス・フランス・オランダの艦隊が
下関の砲台を砲撃、占領した、四国艦隊下関砲撃事件が描かれています。
2列縦陣で進む艦隊に対し、鎧兜姿の長州藩士たちが盛んに砲撃を加え、上陸してきた敵兵の
首を取っている者もいます。
実際には、長州藩の主力は京に上って禁門の変を起こしていて、地元におらず、旧式砲では
射程が短いため歯が立たず、砲台は占領され、大砲は運び去れるという惨敗でした。
これにより長州藩は攘夷の非現実性を悟ることになります。
描いたのは、自身も戦いに参加した藤島常興で、金工師の家に生まれ、大砲の鋳造技術を
学んで、後に長府藩士として召し抱えられ、後には測量器や羅針盤の製作を手掛けています。

「荻野流壱貫目青銅砲」 天保15年 アンバリッド軍事博物館(下関市寄託)
長方形の木の台車に載った、大砲というより大筒で、砲身には雲流文が彫られています。
フランス軍の戦利品として、パリのアンバリッド軍事博物館の所有となっています。

「木戸孝允書簡 坂本龍馬宛(坂本龍馬裏書)」 慶応2年1月23日、2月5日 宮内庁書陵部
花003

京都の小松帯刀邸において薩摩藩の西郷隆盛、小松帯刀と長州の木戸孝允の間で結ばれた
薩長同盟の内容を木戸孝允がまとめ、会談を仲介した坂本龍馬に確認したもので、内容に
間違いが無い旨を坂本龍馬が手紙の裏に朱筆で書いています。
禁門の変以来、敵対関係にあった、薩摩と長州が同盟したことにより、長州は政治勢力として
復帰を果たすことになります。

「幕府追討密勅」 慶応3年10月14日 毛利博物館 重要文化財
前期の展示です。
長州藩主毛利敬親・定広父子に出された、いわゆる「討幕の密勅」です。
毛利氏は大江広元の子孫なので、宛名も参議大江敬親となっています。
この勅書には明治天皇の署名が無く、中山忠能ら3名の署名がありますが、花押が無いなど
異常な点が多く、偽勅ではないかとも言われています。

「大和錦切火打袋」 明治16年11月13日
鳥羽伏見の戦いで新政府軍が掲げた錦旗は関係者に分与されています。
杉文の2番目の夫である楫取素彦がこれを火打石を入れる袋に仕立て直したものです。

2013年に同じ江戸東京博物館で開かれたNHK大河ドラマ特別展、「八重の桜」展では、
会津藩の降伏式に使われ、会津藩士たちが屈辱の印として切り分けて持ち帰った
緋毛氈の切れ端(泣血氈)が展示されていました。

「八重の桜」展には、京都守護職として京都から長州藩を中心とする過激な尊皇攘夷派を追放
(八月十八日の政変)した松平容保に感謝して、孝明天皇が贈った自筆の感謝状と自製の和歌も
展示されていました。
松平容保は生涯、この宸翰と歌を錦の袋に入れ、肌身離さず持っていたということです。

「八重の桜」展の記事です。


正義と不義、官と賊が瞬く間に入れ替わった苛烈な動乱の時代の資料を観ていると、
重い感慨が湧いてきます。

展覧会のHPです。


【2015/06/20 19:18】 美術館・博物館 | トラックバック(0) | コメント(0) |
「レ ロジェ ビストロ ド ロア」 京橋
京橋
chariot

「レ ロジェ ビストロ ド ロア(LES ROSIERS BISTROT DE L’OIE)」は京橋の
東京スクエアガーデンにあります。
場所は中央区京橋三丁目1番です。

ロIMG_0600 - コピー


フランス風のシックな店内は80席ほどで、テラス席もあり、ランチタイムは
お客さんで賑わっています。
BGMはありません。

ロIMG_0594 - コピー

ロIMG_0570 - コピー

ロIMG_0593 - コピー


ウィークデイランチは1080円、1380円、1800円、2800円があります。

ロIMG_0595 - コピー


お肉とお魚のワンプレートランチ1380円にしました。

ロIMG_0579 - コピー

チキンカツ、ソーセージ、赤魚にパスタが添えられていて、どれも美味しいです。

ドリンクはコーヒー、紅茶があり、ソフトクリームも選べるので、ソフトクリームにしました。

ロIMG_0583 - コピー


落着いた雰囲気の、気持ちの良いお店です。


【2015/06/19 20:42】 お店 | トラックバック(0) | コメント(0) |
「山下徹 洋画展 魅(みいる)」 日本橋三越本店
三越前
chariot

日本橋三越本店美術サロンでは6月23日(火)まで、
「山下徹 洋画展 魅(みいる)」が開かれています。

山下001


山下徹さん(1952~)は大阪出身で、花や果物を細密な写実で描いています。
色彩は濃厚で、粘りのある表現です。

「桃と葡萄とコンポート」 15号
山下002

「クリスタルの器と果実」 8号
山下003

「籠の赤いバラ」 6号
山下007

「牡丹」 10号
山下006

「睡蓮」 20号
山下004

「山桜」 6号                 「里桜」 6号
山下008 山下009

日本画的な趣きがあります。


【2015/06/18 19:20】 美術館・博物館 | トラックバック(0) | コメント(2) |
カフェ「スタンバイ トーキョー」 東京駅
東京
chariot

「スタンバイ トーキョー」はJR東京駅の改札内の新幹線南乗換改札前にあります。

スIMG_0671 - コピー


狭いスペースにカウンター席が10席ほどあるだけの、とても小さなコーヒー専門店ですが、
恵比寿の「猿田彦珈琲」が運営しています。

スIMG_0668 - コピー


ブレンドS300円とローカーのウエハース100円です。

スIMG_0658 - コピー

「猿田彦」のコーヒーだけあって、美味しいです。

私の行った時は、お店の壁を利用してミニ写真展が開かれていました。

スIMG_0664 - コピー


BGMのカーペンターズを聴きながら、素敵な写真を眺めて、ひと時を過ごしました。

「猿田彦珈琲」の記事です。


【2015/06/17 19:22】 お店 | トラックバック(0) | コメント(2) |
「向山裕展 砂の原野・霊告II」 日本橋髙島屋
日本橋
chariot

日本橋髙島屋美術画廊Xでは6月29日(月)まで、「向山裕展 砂の原野・霊告II」が
開かれています。
7月22日(水)から28日(火)まで、大阪髙島屋でも開かれます。

向山001


向山裕さん(1984~)は兵庫県出身で、海の生物などを細密な技法で描いています。

とても写実的ですが、画面にはどこかユーモラスな詩情があります。

「話のつづき」 2015年 油彩、キャンバス
向山002

「かつおのえぼし」 2014年 油彩、キャンバス
向山004

縦横162cmの大きな作品です。
カツオノエボシは帆をふくらませて海上を漂います。

「天敵」 2014年 油彩、キャンバス
向山005

「当日」 2015年 油彩、キャンバス
向山006

「去年」 2015年 油彩、キャンバス
向山003


向山裕さんのHPです。

「ノート」のページには向山さんの芸術観が綴られています。


【2015/06/16 19:59】 美術館・博物館 | トラックバック(0) | コメント(0) |
「トラムカフェ」 西武池袋本店 2015/6
池袋
chariot

西武池袋本店5階の「トラムカフェ」に行ってきました。
時々利用するお店です。

トIMG_0099 - コピー


スウェーデンのトラム(路面電車)をイメージしたという面白い形のお店で、
完全分煙式、禁煙席は30席ほどです。
BGMは無く、席の間も開いていて、静かです。

トIMG_0085 - コピー


オムカレー1300円です。

トIMG_0086 - コピー

中はドライカレーで、きれいに作られていて、あまり辛くは無く、とても美味しいです。

こちらはモーニングのピザトーストセット1080円で、これにコーヒーが付きます。
12時まではモーニングセットがあります。

トIMG_0090 - コピー


オムカレーのセットのコーヒーは435円です。
食器はSpodeで、違う絵柄を楽しめます。

トIMG_0097 - コピー

トIMG_0092 - コピー


どのメニューも美味しく、安定感のあるお店です。

以前、「トラムカフェ」に行ったときの記事です。


【2015/06/15 19:22】 お店 | トラックバック(0) | コメント(0) |
「傘寿・画集刊行記念 奥谷博展」 銀座 日動画廊
銀座
chariot

銀座の日動画廊本店では6月25日(木)まで「傘寿・画集刊行記念 奥谷博展」が開かれています。
日曜日はお休みです。
7月4日(土)から7月12日(日)まで、福岡日動画廊でも開かれます。

奥谷博さん(1934~)は独立美術協会会員で、芸術院会員、文化功労者、1966年の
第1回昭和会賞の受賞者でもあります。

高知県宿毛市という南国の出身ということもあってか、強く明るい色調です。

「アンコール・ワット」 50F 2015年
奥谷002

実際には灰色の石造建築群に赤や青を加えて、画面を賑やかにしています。
ちょっとシュールな雰囲気もあります。

「早春 金閣寺」 25F 2015年
奥谷001

奥谷博さんは日本の風景や仏像など、日本画でよく描かれる題材を油彩で手掛けています。
日本画に比べ、濃密な空間になっています。

画廊のショーウインドー前で、ご子息の奥谷太一さんがご夫妻の記念写真を撮っておられました。

奥谷太一さんも洋画家で、2014年に国立新美術館で開かれた、「17th DOMANI・明日展
未来を担う美術家たち 文化庁芸術家在外研修の成果」にも太一さんの作品が展示されていました。

博さんもこの海外研修制度の第1回研修員として、フランスに留学しています。

「17th DOMANI・明日展」の記事です。


【2015/06/14 19:49】 美術館・博物館 | トラックバック(0) | コメント(0) |
「コーヒービーン&ティーリーフ 日本橋一丁目店」
日本橋
chariot

「コーヒービーン&ティーリーフ 日本橋一丁目店」は日本橋交差点の北側にあります。
場所は中央区日本橋1-3-13です。

ビIMG_0020 - コピー

ビIMG_0017 - コピー


ロサンゼルス発祥のコーヒーチェーンで、5月26日にオープンしたお店です。
約50席の店内は全席禁煙、ソファー席が多く、電源の付いている席もあります。
角地にあり、天井は高く窓は大きく、昼は明るそうです。

ビIMG_0012 - コピー

ビIMG_0008 - コピー


オープンして間が無いので、順番待ちの行列が出来ていましたが、
テイクアウトのお客さんが多く、すぐ座れました。

シングルオリジンS390円とチョコレートクッキー240円です。

ビIMG_0005 - コピー

コーヒーはすっきりとして美味しく、甘みの強いクッキーと合います。

こちらは日本での1号店ですが、これから各地に出店するようです。



【2015/06/13 19:59】 お店 | トラックバック(0) | コメント(0) |
「シンプルなかたち展:美はどこからくるのか」 六本木 森美術館
六本木
chariot

六本木の森美術館では、リニューアル・オープン記念、「シンプルなかたち展:
美はどこからくるのか」が開かれています。
会期は7月5日(日)までで、会期中は無休です。

シンプル001


ポンピドゥー・センター・メス、エルメス財団との共同企画で、先史時代の石器から
現代アートまで、シンプルな造形、約130点を集めて展示しています。


「ソリュートレ文化・月桂樹の葉」 ヴォルグ、ソーヌ=エ=ロワール、フランス 
 紀元前22000~17000年 フランス考古学博物館


最初に展示されているのは木の葉の形をした旧石器時代の打製石器で、
長さは28㎝ありますが、厚さは0.9㎝しかありません。
槍の穂先として使われたようです。

長次郎 「太夫黒」 安土桃山時代・16世紀 北村美術館
黒楽茶碗です。

仙厓 「円相図」 江戸時代後期・19世紀 福岡市美術館
シンプル004

6月2日までの展示です。

 これ食ふてお茶まいれ

円は饅頭であり、禅の境地でもあります。

コンスタンティン・ブランクーシ 「空間の鳥」 
 1926年(1982年鋳造) 横浜美術館

  シンプル005

飛行機のプロペラにインスピレーションを受けた作品です。
1912年に開かれた第4回パリ航空ショーにはブランクーシやマルセル・デュシャン、
フェルナン・レジェなどが訪れ、航空機に表された工業デザインの近代性に
感銘を受けています。

パブロ・ピカソ 「雄牛」 1945年 国立ピカソ美術館
11点シリーズの石版画のうちの6点です。
写実的に描かれた雄牛が1枚ごとに抽象化され、最後は簡単な線だけになります。
スティーヴ・ジョブズはデザインの神髄を語るために、この造形を用いていたそうです。

アンリ・マティス 『「ジャズ」9 形態』 1947年 神奈川県立近代美術館
シンプル006

晩年に手が不自由になったマティスが手掛けた、切り絵の「ジャズ」シリーズです。

アルブレヒト・デューラー 「メランコリア I」 1514年 オオタファインアーツ
シンプル003

有名な銅版画で、天使が憂鬱な表情をしていて、変わった形の立体が描かれています。

カールステン・ニコライ 「アンチ」 2004年
シンプル002

ポリプロピレン製で、高さ3mあり、デューラーの「メランコリア I」に描かれている立体と
同じ形をしています。
手を近づけると音を発するようになっていて、スタンリー・キューブリック監督の
「2001年宇宙の旅」に登場する、黑い板状のモノリスを思わせる仕掛けに
なっています。


光を使った映像作品もあって、「かたち」というものについて色々考えることの出来る、
面白い展覧会です。

展覧会のHPです。


【2015/06/12 19:44】 美術館・博物館 | トラックバック(0) | コメント(0) |
「UCCカフェコンフォート三省堂書店神田神保町本社ビル店」 2015/5
神保町
chariot

「UCCカフェコンフォート三省堂書店神田神保町本社ビル店」に行ってきました。
場所は千代田区神田神保町1-1の三省堂の2階です。

コIMG_0061 - コピー


三省堂の併設カフェで、分煙式、禁煙席は三角形でやや狭いですが、落着いた雰囲気です。
メニューにはワッフルやハンバーグ、カレー、パスタなどもあります。

コIMG_0055 - コピー

コIMG_0053 - コピー


UCCのお店で、コーヒーはサイフォンで淹れ、席でフラスコからカップに注いでくれます。
ガテマラ・サンディエゴ630円を注文しました。

コIMG_0060 - コピー

フルーティーな味わいです。

夜8時まで営業していて、7時頃に行った時は他に何組かのお客さんがいました。

最初に、「カフェコンフォート」に行った時の記事です。


【2015/06/11 19:52】 お店 | トラックバック(0) | コメント(0) |
『スー・ブラックウェル 「Dwelling -すみか- 」』展 銀座 ポーラ ミュージアム アネックス
銀座一丁目
chariot

銀座のポーラ ミュージアム アネックスでは、『スー・ブラックウェル 「Dwelling -すみか- 」』展が
開かれています。
会期は6月14日(日)まで、入場無料です。
場所は中央区銀座1-7-7、ポーラ銀座ビルの3階です。

dIMG_0147.jpg


スー・ブラックウェルさん(1975~)はイギリスのシェフィールド生まれで、現在ロンドン在住です。
本を素材にした彫刻、ブック・スカルプチャーで民話やおとぎ話の世界を表現しています。

「Dwelling -すみか- 」という題は、フランスの哲学者、ガストン・バシュラール(1884-1962)の
「空間の詩学」にインスピレーションを得て制作した幾つかの作品に由来します。

暗くした会場には、ブラックウェルさんの作品11点が展示されています。

20,000 Leages Under the Sea
dIMG_0122.jpg

ジュール・ヴェルヌの「海底二万里」です。

The Ice Maiden
dIMG_0134.jpg

アンデルセンの「氷姫」です。

The Lighthoude Keeper’s Cottage
dIMG_0129.jpg

The Home in the Oak Tree
dIMG_0141.jpg

Wild Flowers No.10
dIMG_0139.jpg


幻想的な小世界が本のページの上に立ち上がっています。

展覧会のHPです。


銀座WAKOの教会からの道が通りにあふれ出しています。

dIMG_0154.jpg


銀座三愛ビルの花屋さんです。

dIMG_0158 - コピー


銀座の空は晴れ上がっていました。

dIMG_0149.jpg


【2015/06/10 19:24】 美術館・博物館 | トラックバック(0) | コメント(0) |
「タミルズ(TAMEALS) エミオ池袋店」
池袋
chariot

「タミルズ(TAMEALS) エミオ池袋店」は西武池袋線の池袋駅地下1階の改札口内にあります。

tIMG_0078 - コピー

tIMG_0079 - コピー


2014年の12月にオープンしたお店で、ドアで仕切られた分煙式、禁煙席は40席ほど、
席の間はやや狭いです。
セルフ式で、ちょっとお洒落でカジュアルな雰囲気です。
BGMは甘いポップスでした。

tIMG_0076 - コピー


壁にはイーグルスやマドンナ、マイルス・デイビスなどのレコードジャケットが飾ってあります。

tIMG_0077 - コピー


シュガードーナツ200円とセットのコーヒーS300円です。

tIMG_0074 - コピー

コーヒーは飲みやすい味です。

朝6時30分から夜12時まで開いているので、カフェやバーなど、いろいろ使えるお店です。


【2015/06/09 19:39】 お店 | トラックバック(0) | コメント(0) |
プロフィール

chariot

Author:chariot
美術館・博物館めぐりとカフェの記事を書いています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード


<<前ページ | ホーム | 次ページ>>