fc2ブログ
「UIA 2011 TOKYO」 丸の内イベント
東京
chariot

現在、世界最大の建築イベントの「UIA 2011 TOKYO」が東京国際フォーラムで
開かれています。
それに合わせて、丸の内周辺の各会場で一般来場者も無料で観ることの出来る
建築関係の展示がされています。

UIA(The International Union of Architects:国際建築家連合)は
124カ国が加盟し、3年ごとに大会を開いています。

丸ビルの1階マルキューブで開かれている「アーキニアリング・デザイン展2011」です。

ア0114

副題は「模型で楽しむ世界の建築-いのちをつなぐ建築の知恵-」となっていて、
過去の建築の理解や未来の建築への示唆、東日本大震災への取組みをテーマに
しています。
会期は10月1日(土)までです。

ローマのパンテオンの半球形のドームは紅茶の茶漉しで再現されています。
ア0103

パンテオンはローマ皇帝ハドリアヌスによって建設され、125年頃に完成しています。
ドームの天井までの高さと直径は同じです。

コンスタンティノープルのハギア・ソフィアの巨大なドームはお茶碗で再現されています。
ア0100

ハギア・ソフィアは東ローマ皇帝ユスティニアヌスによって建設された聖堂で、537年に
完成しています。

1981年に再建された薬師寺西塔の庇部分の構造説明です。
ア0095

エッフェル塔と東京スカイツリーのコラボもあります。
ア0108

エッフェル塔は1889年完成で高さ324m、東京スカイツリーは2012年完成予定で
高さ634mです。

丸の内オアゾを中心に「TOKYO CHAIR CITY」が開かれ、丸の内のあちこちに
様々な「チェア」が置かれています。
オアゾではトークショーも開かれています。
会期は10月2日(日)までです。

ア0079


行幸通り地下の行幸地下ギャラリーでは日本の近代建築を集めた「DOCOMOMO
Japan 150選」の写真や図面を地方別に展示しています。
会期は10月3日(月)までです。

ア0122

同潤会アパート 1920-30年代
東京中央郵便局 吉田鉄郎設計 1931年
ア0131

同潤会アパートは関東大震災後の近代的集合住宅として東京・横浜の各地に
建てられましたが、老朽化のためほとんどが取り壊されています。
東京中央郵便局も解体か保存かの議論の末、現在は外壁など一部を残して
取り壊されています。

自由学園明日館 フランク・ロイド・ライト設計 1921年
ア0134

木造建築で、家具もデザインの一部になっています。

広島ピースセンター 丹下健三設計 1955年
ア0126

丹下健三のデビュー作です。
日本の高床式を思わせるピロティ構造になっています。

東京都水道局長沢浄水場 山田守設計 1957年
ア0151

上部の広がった列柱が目を惹きます。

東京都立日比谷図書館 高橋武士設計 1957年
三愛ドリームセンター 林昌二設計 1963年
ア0137

日比谷図書館は三角、三愛ドリームセンターは丸い形に特徴があります。
三愛ドリームセンターは今も銀座のランドマークです。
1.2階に入っている、「ルカフェドトール銀座4丁目本店」に行った時の記事です。

東京カテドラル聖マリア大聖堂 丹下健三設計 1964年
ア0142

私の撮った写真で、銀色に輝く威容です。
東京カテドラル

パレスサイドビル 林昌二設計 1966年
ア0146

竹橋にあり、毎日新聞が入っています。
林昌二は文京シビックセンターも設計しています。

国立京都国際会館 大谷幸夫設計 1966年
ア0156

合掌造りか神社のような、台形を基本にした特徴のある形をしています。

霞が関ビル 山下寿郎設計事務所設計 1968年
ア0140

日本最初の超高層ビルです。

住吉の長屋 安藤忠雄設計 1976年
ア0154

安藤忠雄と言えば先ず思い出す、初期の代表的建築です。

2008年に乃木坂ののギャラリー・間(ま)で開かれていた、安藤忠雄建築展
「挑戦-原点から-」 に行った時の記事
です。


建築の過去からの遺産、未来への展望をまとめて観ることの出来る、
とても面白いイベントです。

関連記事

【2011/09/28 04:20】 街歩き | トラックバック(1) | コメント(2) |
comment
 
コメントを書く
コメントは承認後に公開されます。ご了承ください。
  • kokoさん、こんにちは。
  • 行幸地下ギャラリーの展示は解説も付いていて面白かったです。
    私もグランドプリンスホテル赤坂の解体には驚きました。

    【2011/10/05 07:09】 url[chariot(猫アリーナ) #/8nqih4Y] [ 編集]
  • こんばんわ!
  • 会期中に行けなかったので、とても懐かしく拝見しました。

    名建築家の作品は、後世まで受け継がれてほしいですね。ただ、同潤会アパートや丹下作品がなくなっていくのを見ると寂しいです。

    【2011/10/05 00:09】 url[koko #jnRiruIs] [ 編集]
    please comment















    管理者にだけ表示を許可する

    trackback
    trackback url ↓
    https://nekoarena.blog.fc2.com/tb.php/1186-8e4e8404

    blog_name=【】 ♥   -
     
    管理人の承認後に表示されます
    【2016/12/05 19:03】

    プロフィール

    chariot

    Author:chariot
    美術館・博物館めぐりとカフェの記事を書いています。

    最近の記事

    最近のコメント

    最近のトラックバック

    カテゴリー

    ブログ内検索

    月別アーカイブ

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    RSSフィード


    | ホーム |