fc2ブログ
「超写実絵画の襲来」展 Bunkamuraザ・ミュージアム
渋谷
chariot

渋谷のBunkamuraザ・ミュージアムでは、特別展「超写実絵画の襲来」が開かれています。
会期は6月29日(月)までです。

写実img147 (2)


写実画を集めた、千葉県のホキ美術館のコレクションの展示で、いったん中止
されていましたが、期間を延長して再開したものです。
入口で検温と連絡先の記入があります。

森本草介 「未来」 2011年
森001

この作品を描いている時に東日本大震災が起こり、作品がパレットに
倒れかかったものの、何とか事無きを得たそうです。
未来への希望を込めて名付けたタイトルとのことです。

2014年に日本橋三越本店で開かれた「ホキ美術館所蔵 森本草介展」です。

青木敏郎 「レモンのコンフィチュール、芍薬、染付と白地の焼物」 2013年
写実img156 (7)

磁器、金属、ガラス、紙、布の質感を上手く表し、全体でハーモ二―を奏でています。

2010年に日本橋高島屋で開かれた「青木敏郎展」と青木さんのギャラリートークの記事です。
日本の写実絵画についての興味深いお話でした。

野田弘志 「聖なるもの THE-Ⅳ」 2013年
写実img156 (1)

野鳥の巣と卵という小さな素材を縦横2mの大きな画面に描いています。
洞爺湖の畔のアトリエの庭で見付けた巣で、やがて卵は5つに増え、
孵化もしたのに、ある日、巣も卵も跡形もなく消えてしまったそうです。

生島浩 「5:55」 2007-2010年
パンフレットに使われている作品です。
6時までの約束のモデルさんが5時55分になってちょっとソワソワした瞬間を
捉えた作品だと覚えていましたが、それはひとり歩きしたお話とのことです。
生島浩さん(1958-)は長くフェルメールを研究しています。

磯江毅 「地の音」 2000年
写実img156 (5)

モロッコの民族楽器などが鉛筆・水彩・アクリル・墨で紙に描かれています。
磯江毅さん(1954-2007)は1974年にスペインに渡り、マドリードに定住して写実画を
研究し、スペインで高い評価を受け、神戸にもアトリエを構えて活躍しますが、
惜しくも53歳で亡くなっています。
作品にはどこか乾いた鋭さがあります。
スペインは写実絵画が盛んですが、これはフランコ政権時代、文化的鎖国状態になって、
外国の新しい芸術の流れから取り残されたため、写実主義が進化した面もあるそうです。

2011年に練馬区立美術館で開かれた「磯江毅展]の記事です。

石黒賢一郎 「存在の在処(ありか)」 2001-2011年
写実img156 (8)

定年を迎えた、石黒さんの父を描いています。
何気ない情景を徹底的に描き込んでいて、黒板の字など、本当にチョークで
書いてあるように見えます。

五味文彦 「いにしえの王は語る」 2018年
写実img147 (1)

五味文彦さん(1954-)は少年時代、八ヶ岳の麓の縄文時代の大集落の跡で
土器を拾っていた思い出があり、古木の幹に縄文土器に似たものを見たそうです。
背景を灰色一色にして、ゴツゴツした幹を際立たせています。

島村信之 「幻想ロブスター」 2013年
写実img156 (2)

横2m以上の大きな作品で、はさみを付き出したロブスターの姿を描いています。
どう猛そうな姿を描いていく内に、人間に食べられてしまう運命の悲愁を感じたそうです。

小尾修 「Kay」 2012年
写実img156 (6)

パリで友人の画家を彼のアトリエで描いています。
小尾修さん(1965-)の絵には抒情性を消した強さがあります。

原雅幸 「ドイル家のメールボックス」 2012年
写実img156 (3)

イギリスの湖水地方の9月頃の情景で、「Oak」と書かれた木札が幹に掛かっています。
エディンバラの友人のドイル家とイメージが重なったそうです。
湖水地方はピーターラビットの故郷でもあります。

藤原秀一 「萩と猫」 2009年
写実img156 (4)

庭の萩を描こうとしていたら、飼い猫のクッキーがやって来たので、一緒に描いたそうです。
明るい陽射しを受けて、クッキーの瞳も細くなっています。

三重野慶 「信じてる」 2016年
写実img156 (9)

背景との間の取り方がちょうど良く、人物に実在感があります。
瞳に映っているのは画家の姿でしょうか。

小木曽誠 「森へ還る」 2017年
写IMG_0430

写IMG_0434

この作品のみ撮影可能です。
小木曽さんはよく自然の中の人物を描いています。

急遽再開された展覧会で、会期も短いですが、約70点の力作が揃った、魅力のある
展覧会です。

展覧会のHPです。

関連記事

【2020/06/19 19:02】 美術館・博物館 | トラックバック(0) | コメント(2) |
comment
 
コメントを書く
コメントは承認後に公開されます。ご了承ください。
  • こんにちは。
  • 写実も極まってくると、特に静物画はどれが誰の絵か判別するのに苦労します。
    題材の選び方、色調、筆触の違いなどで見分けることになります。
    写実を極めながら個性を出すというのが腕の見せ所であり、難しくもあるのでしょう。

    【2020/06/21 08:15】 url[chariot #/8nqih4Y] [ 編集]
  • なんかもう写真みたいですね
  • ミニアチュールは好きですが、ここまでくるともう絵じゃないみたいですな。しかしそうなると画風の良し悪しよりも構図が勝負となりますのでなかなかに個性が出しにくくなる気がします。

    【2020/06/21 00:15】 url[miss.key #eRuZ.D2c] [ 編集]
    please comment















    管理者にだけ表示を許可する

    trackback
    trackback url ↓
    https://nekoarena.blog.fc2.com/tb.php/4172-440d8fce

    プロフィール

    chariot

    Author:chariot
    美術館・博物館めぐりとカフェの記事を書いています。

    最近の記事

    最近のコメント

    最近のトラックバック

    カテゴリー

    ブログ内検索

    月別アーカイブ

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    RSSフィード


    | ホーム |