fc2ブログ
「季節をめぐり、自然と遊ぶ~花鳥・山水の世界~」展 大倉集古館
六本木一丁目・神谷町
chariot

大倉集古館では企画展、「季節をめぐり、自然と遊ぶ~花鳥・山水の世界~」が
開かれています。
会期は3月27日(日)までです。

大倉img565 (7)


春を迎えるに当たり、季節にちなんだ作品の展示です。

「桜に杉図屏風」 桃山時代・16世紀
大倉img565 (1)

直立した桜と杉が交互に並んで色彩の変化にリズムがあります。

「花鳥草虫図巻」(部分) 潘崇寧 清時代・康煕56年(1717)
大倉img565 (2)

大倉img565 (3)

細密な写実で、色彩も華やかです。

「寒光雪峰図」 菅井梅関 文政12年(1829)
大倉img565 (6)

厳しい冬の雪山を水墨で表しています。
菅井梅関(1784~1844)は仙台出身の文人画家で、頼山陽や田能村竹田らと
交流がありました。

「秋草蒔絵文台」 富田幸七 明治時代・19~20世紀
大003

菊や萩、薄、女郎花などが描かれ、薄の穂には露の置かれた、優美な蒔絵です。
富田幸七(1852-1910)は京都の蒔絵師です。

「五言絶句・山中煎茶図」 (書)頼山陽 (画)青木木米 文政7年(1824)
大倉img565 (4)

この頃は煎茶が盛んで、交流のある頼山陽や青木木米、田能村竹田たちは共に
煎茶を楽しんでいました。

「梅花の詩」 西郷隆盛(南洲)筆 明治時代・19世紀
大倉img565 (5)

  夢回春草池塘外 詩在梅花烟雨間

謝霊運の詩です。
おおらかな西郷隆盛の書はその人物像とも相まって今も親しまれています。

展覧会のHPです。

関連記事

【2022/03/21 19:10】 美術館・博物館 | トラックバック(0) | コメント(0) |
comment
 
コメントを書く
コメントは承認後に公開されます。ご了承ください。
please comment















管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url ↓
https://nekoarena.blog.fc2.com/tb.php/4617-d804b078

プロフィール

chariot

Author:chariot
美術館・博物館めぐりとカフェの記事を書いています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード


| ホーム |