fc2ブログ
「国宝 東京国立博物館のすべて」展 第2部の展示 東京国立博物館
上野
chariot

上野の東京国立博物館で開かれている東京国立博物館創立150年記念特別展、
「国宝 東京国立博物館のすべて」の記事の最後4回目で、第2部の東京国立博物館の
150年の歴史を紹介する展示品を載せます。
会期は12月11日(日)まで、完全予約制です。
会期中、多くの国宝が展示替えされますので、展覧会のHPでご確認下さい。

「見返り美人図」 菱川師宣 江戸時代・17世紀
浮007

浮008

11月13日までの展示です。
肉筆浮世絵で、玉結びの髪に吉弥結びの帯、振袖は菊と桜の花の丸模様です。
後ろ姿にすることで、後ろ結びである吉弥結びを見せ、左袖をひるがえして
模様を際立たせています。
早い時期に東京国立博物館に所蔵された作品です。

東京国立博物館では「踊る埴輪&見返り美人 修理プロジェクト」を実施中で、
1000万円の目標は達成しましたが、現在も進行中です。

修理プロジェクトのHPです。

遮光器土偶 縄文時代晩期(前1000~前400年) 
   青森県つがる市亀ヶ岡遺跡 重要文化財

土12-27-2009_001

顔がすべて、目を閉じた瞼になっていて、ゴーグル(遮光器)のように
見えることから、この名が付いています。
ネックレスらしい物を着け、髪も装飾的、着ている物の文様も描かれ、
華やかな姿です。

「摩耶夫人および天人像」 銅製鋳造、鍍金
 法隆寺献納宝物 飛鳥時代・7世紀 重要文化財

そDSC00170

ルンビニ―の園で摩耶夫人の腋から釈迦が誕生し、天人が空を舞う様子を表しています。
承暦2年(1078)に橘寺から法隆寺に移された小金銅仏群のひとつとされています。
普段は表慶館裏の法隆寺宝物館に展示されています。
法隆寺献納宝物とは法隆寺に伝えられた宝物の一部が明治時代に皇室に献納され、
戦後、その一部が東京国立博物館で保管されることになったものです。
法隆寺献納宝物は法隆寺宝物館に収蔵・展示されています。

「樫鳥糸肩赤威胴丸」 室町時代・15世紀 重要文化財
はIMG_0097

大袖と杏葉の付いた胴丸で、樫鳥糸とは紺糸と紅糸を混ぜた糸です。
陸奥浪岡の北畠家伝来といわれ、陸奥三春藩主秋田家に伝わっています。

「朱漆金蛭巻大小」 安土桃山時代・16世紀 重要文化財
ハ0122

朱鞘に金の板を巻いた安土桃山時代の豪宕な雰囲気を持つ拵えです。
豊臣秀吉の差料で、没後に鍔以外は溝口家に、鍔は浅野家に形見分けされています。

「芦穂蒔絵鞍鐙」 安土桃山時代・16世紀 重要文化財 
は0226

豊臣秀吉所用とされ、高蒔絵が施された豪華な鞍鐙です。

「青磁輪花鉢」 南宋官窯 中国 南宋時代・12~13世紀  重要文化財
東洋0094

貫入(ヒビ)が程良い装飾になっています。

「大井戸茶碗 有楽井戸」 朝鮮時代・16世紀 重要美術品
高麗img005 (2)

大井戸の名の通り、大きな茶碗です。
胴の上の部分が少し立ち、釉薬の照りも落着き、高台にかいらぎ(釉薬の縮れ)があります。
織田有楽斎の所有とされ、松永安左エ門の寄贈です。

「色絵月梅図茶壺」 野々村仁清、「仁清」印 江戸時代・17世紀 重要文化財
そDSC04202

ふっくらとした姿で、梅の赤や金泥が白地に映えてあでやかです。

「銹絵山水図水指」 野々村仁清 江戸時代 17世紀
ト0172

仁清というと華やかな絵柄を思いますが、こちらは落着いた水墨画風です。
関東大震災で壊れたのを修復したそうです。

「褐釉蟹貼付台付鉢」 初代宮川香山 明治14年(1881) 重要文化財
ハ0197

真葛焼の創始者、宮川香山の高浮彫による作品です。
明治14年の第2回内国勧業博覧会に出品されています。

「風神雷神図屏風」 尾形光琳 江戸時代・18世紀 重要文化財
東003

11月13日までの展示です。 
俵屋宗達の「風神雷神図」の写しです。
宗達と比べると、構図の取り方がおとなしくまとまっていることが分かります。

「夏秋草図屏風」 酒井抱一 江戸時代 19世紀  重要文化財
右隻 夏
抱一秋7-11-2010_002

左隻 秋
抱一夏7-11-2010_001

11月15日からの展示です。
夏秋草図屏風は光琳が宗達を模して描いた風神雷神図屏風の裏に描いたもので、
風神図の裏に、風に晒されて揺れる秋草を、雷神図の裏に、雨に打たれてうなだれる
夏草を合わせています。
野の草のはかなさがよく表れていて、琳派の装飾性を超えた味わいがあります。

キリンの剝製の展示もあり、現在は国立科学博物館が担っていた機能を過去には
東京国立博物館が担っていたことも紹介されています。

東京国立博物館の所蔵する国宝の全てを始め、豊富な美術品の揃った、貴重な展覧会です。

展覧会のHPです。

関連記事

【2022/10/30 19:35】 美術館・博物館 | トラックバック(0) | コメント(0) |
comment
 
コメントを書く
コメントは承認後に公開されます。ご了承ください。
please comment















管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url ↓
https://nekoarena.blog.fc2.com/tb.php/4810-6d77938b

プロフィール

chariot

Author:chariot
美術館・博物館めぐりとカフェの記事を書いています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード


| ホーム |