fc2ブログ
「東京長浜観音堂」 余呉町国安 十一面観音菩薩立像
東京
chariot

日本橋の「東京長浜観音堂」は東京駅八重洲口からさくら通りを進み、
小路を左に入った八重洲セントラルビルの4階にあります。
場所は中央区日本橋2-3-21です。

8月31日までは余呉町国安の十一面観音菩薩立像が展示されています。

2018年に一度、上野の「びわ湖長浜KANNON HOUSE」にお越しになったことのある
観音様です。

室町時代の作で、木造、像高110.8㎝、結い上げた髪の上には九面の仏面を
戴いています。
お顔はかなりふくよかで、腰をやや右にひねり、左足を少し前に出しています。
右手は前に垂らし、指を伸ばした与願印で、左手は錫杖を持っています。
当初は蓮華を挿した水瓶を持っていましたが、長谷寺信仰の影響を受けて、
長谷寺式観音像に倣い、錫杖を持つようになったと思われます。

かDSC04799

かDSC04802

かDSC04808

かDSC04807


国安の集落は北国街道に面し、集落にある草岡神社は余呉庄(片岡郷)の
総社として広く信仰をあつめていました。
十一面観音菩薩は草岡神社境内の神宮寺(神社に付属して建てられたお寺)である
安養寺に伝えられていましたが、明治の神仏分離令により、現在は国安の集落内の
光勝庵に安置され、六斎と呼ばれる6人の世話人に守られています。

東京長浜観音堂のHPです。

関連記事

【2023/08/08 19:21】 美術館・博物館 | トラックバック(0) | コメント(0) |
comment
 
コメントを書く
コメントは承認後に公開されます。ご了承ください。
please comment















管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url ↓
https://nekoarena.blog.fc2.com/tb.php/5014-436010fc

プロフィール

chariot

Author:chariot
美術館・博物館めぐりとカフェの記事を書いています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード


| ホーム |