fc2ブログ
「東南アジア~交易と交流の海~」展 東洋文庫ミュージアム
駒込・千石
chariot

駒込の東洋文庫ミュージアムでは「東南アジア~交易と交流の海~」展が開かれています。
会期は2024年1月14日(日)までです。
休館日は火曜日です。

img189.jpg


2023年は日本とASEAN(東南アジア諸国連合)の友好協力50周年ということで、
「交易」と「交流」の視点から各種資料を紹介する展覧会です。

とDSC07648


「パーリ語聖典」 書写年代不詳
とDSC07541

パーリ語による釈迦の前生譚がヤシの葉にクメール文字で書かれています。
パーリ語は仏教が生まれた頃のインドの方言の一つとされています。

「キリスト教説教集」 イエズス会 1675年 マニラ刊
とDSC07537

モリソン文庫の一つです。
フィリピンではアニミズムが信仰されていましたが、16世紀初頭にイスラム教が伝わり、
南部に広まりました。
16世紀後半のスペインによる植民地化と共にキリスト教は土着宗教を取り込んで
根付きました。

「国朝登科録」 1894年刊
とDSC07550

ベトナムのグエン朝で行なわれた科挙試験の合格者名簿です。
官吏登用試験である科挙は11世紀にベトナムに導入され、断続的に1919年まで
実施されました。
中国や韓国の大学受験の過熱ぶりも科挙の名残と言えそうです。

「アジアの鳥類」 J.グールド 1850-83 ロンドン刊
とDSC07567

J.グールドはイギリスを代表する鳥類学者、剥製師で、約30年掛けて鳥類図鑑を
作成しています。

「ジャワ誌」 ラッフルズ 1817年 ロンドン刊
とDSC07642

シンガポールの建設者として知られるラッフルズがイギリス東インド会社の職員として
ジャワに派遣された時の記録です。

「インドシナ中央部の旅」 アンリ・ムーオ 1864年 ロンドン刊
とDSC07570

アンリ・ムーオはフランスの博物学者・探検家で、イギリスの支援でインドシナを探検し、
1860年にアンコールワットを発見し、西洋に紹介しています。
ラオスの密林でマラリアに罹り、35歳で亡くなりました。

「長崎見聞録」 広川獬 1811年
とDSC07660

長崎の年中行事、動植物、交易品などの記録です。
ベトナム産の肉桂(シナモン)を中国から輸入していました。

「南洋漂流記」 著者未詳 1830年頃
とDSC07604

八丈島の島民が1828年に難破してカカヤン(フィリプンのカガヤン?)に漂着し、
マニラ、マカオ、広東、乍浦を経て、1830年に長崎に送還されるまでの記録です。

東南アジアの衣装も何点か展示されています。

ベトナムのアオザイ
とDSC07557

ベトナム航空キャビンクリル―の制服です。

インドネシアのバティックのシャツ
とDSC07555

バティックはろうけつ染めの一種です。

展覧会のHPです。

関連記事

【2023/12/03 18:41】 美術館・博物館 | トラックバック(0) | コメント(2) |
comment
 
コメントを書く
コメントは承認後に公開されます。ご了承ください。
  • コメント、ありがとうございます。
  • 中国、インド、そして東南アジア諸国が台頭してきて、政治も経済も状況は昔とはかなり異なってきました。
    歴史とはどんどん動くものだということを実感します。
    これからアジアがどんな方向に進むのか、興味深いものがあります。

    【2023/12/03 22:59】 url[chariot #H4z1joGM] [ 編集]
  • ACEAN
  • 日本とASEAN諸国との友好協力50周年ですか。
    英語で身を立てようと思っていた若い頃は欧米志向が強かったのですが、
    後年、アジアを強く意識するようになりました。
    いろいろなことが見えてきそうな展示ですね。

    【2023/12/03 22:37】 url[むく #E0P7TXCk] [ 編集]
    please comment















    管理者にだけ表示を許可する

    trackback
    trackback url ↓
    https://nekoarena.blog.fc2.com/tb.php/5064-a071ac44

    プロフィール

    chariot

    Author:chariot
    美術館・博物館めぐりとカフェの記事を書いています。

    最近の記事

    最近のコメント

    最近のトラックバック

    カテゴリー

    ブログ内検索

    月別アーカイブ

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    RSSフィード


    | ホーム |