fc2ブログ
「本阿弥光悦の大宇宙」展 東京国立博物館
上野
chariot

上野の東京国立博物館平成館では特別展、「本阿弥光悦の大宇宙」が開かれています。
会期は3月10日(日)までです。

本阿弥img175 (1)


江戸時代初期、多彩な芸術家として活躍した本阿弥光悦(1558〜1637)の事績を
辿る展覧会です。


第1章 本阿弥家の家職と法華信仰―光悦芸術の源泉

本阿弥家の家職は刀剣の研磨・鑑定でした。

「短刀 銘 兼氏 金象嵌花形見」 志津兼氏
 鎌倉~南北朝時代・14世紀 重要美術品

本阿弥img175 (3)

本阿弥光悦の差料で、茎に「花形見」と彫ってあります。
志津兼氏は美濃国志津の刀工です。

「刻鞘 変り塗忍ぶ草蒔絵合口腰刀」
本阿弥img175 (4)

兼氏の拵で、合口は鍔の無い短刀のことです。
刻みの入った鞘で、全面に蒔絵で細かく忍ぶ草が描かれ、とても繊細で華やかです。

東京国立博物館の所蔵する、正宗など国宝の名刀も何振か展示されています。

「刀 金象嵌 銘 江磨上 花押 光徳」 郷(江)義弘
 南北朝~鎌倉時代 14世紀 東京国立博物館

本阿弥img184 (2)

郷義弘は正宗の弟子ともされ、越中に住みましたが、若くに亡くなったとも言われています。
光悦の従兄弟である本阿弥光徳が磨上げ、江磨上の銘があります。
加賀前田家三代目利常が、光悦の養子、光嵯から購入し、京都の北野天満宮で
試し斬りをしたことから、北野江とも呼ばれています。
長く前田家の所有でしたが、明治天皇に献上され、東京国立博物館の所蔵となりました。

光悦は熱心な法華信者でした。

「紫紙金字法華経幷開結」 平安時代 11世紀 京都・本法寺 重要文化財
本阿弥img175 (7)

法華経18巻と、始めの経である無量義経、結びの経である観普賢経が揃っています。
光悦の寄進で、寄進状も展示されています。

本法寺は日蓮宗の寺院で、本阿弥光悦が支援しています。
長谷川等伯もこの寺と関係が深く、山門建立の施主に
なるなどしています。


第2章 謡本と光悦蒔絵―炸裂する言葉とかたち

本阿弥光悦は斬新な意匠の蒔絵を制作し、その様式は光悦蒔絵と呼ばれています。

「舟橋蒔絵硯箱」 本阿弥光悦作 江戸時代 17世紀 東京国立博物館 国宝
本阿弥img175 (2)

東博の総合文化展でもよく展示されている作品です。
何とも大胆なデザインの硯箱で、鉛の板で舟橋の橋板を表しています。
表面に散らされている文字は後撰和歌集の源等の歌です。
「東路の佐野の舟橋かけてのみ思い渡るを知る人ぞなき」を元に、
「東路乃 さ乃ゝ かけて濃三 思 わたる を知人そ なき」と書かれ、
「舟橋」の字を抜いています。

本阿弥光悦は角倉素庵に協力して、嵯峨本と呼ばれる木版活字本を
出版しています。
雲母刷りなどによる豪華な装丁で、複数の文字を連ねた活字を使って、
流れるような書体を再現しています。
能の一部を抜き書きした謡本などが展示されています。


第3章 光悦の筆線と字姿―二次元空間の妙技

本阿弥光悦は近衛信尹・松花堂昭乗と共に寛永の三筆と称される書家でもありました。

「桜山吹図屏風」 色紙:本阿弥光悦筆 屏風:伝俵屋宗達筆 江戸時代 17世紀
はなDSC07660

右隻
はなDSC07663

左隻
はなDSC07664

大きく土坡を配し、桜と山吹を厚塗りで描き入れ、光悦筆による古今集の和歌色紙が
貼られています。

「鶴下絵三十六歌仙和歌巻(部分)」 本阿弥光悦筆 下絵 俵屋宗達筆
 江戸時代 17世紀 京都国立博物館 重要文化財

本阿弥img175 (6)

本阿弥img175 (5)

長さ約13mほどもある長い巻物で、すべて展示されています。
俵屋宗達が金銀泥で群れ飛ぶ鶴を描いた上に、三十六歌仙の歌を一首ずつ、
肥痩を付けた伸びやかな筆遣いで書いています。

大中臣能宣
みかきもり衛士の炊く火のよるはもえ昼はきえつつ物をこそおもへ

平兼盛
くれてゆく 秋の形見に おくものは 我がもと結のしもにぞありける

紀貫之
しら露も時雨もいたくもる山はした葉のこらず色づきにけり

伊勢
三輪の山いかに待ち見む年経ふとも たづぬる人もあらじと思へば

山部赤人
田子の浦にうち出でてみれば白妙の 富士の高嶺に雪はふりつつ

僧正遍昭
すえの露もとのしずくや世の中のをくれさきだつためしなるらむ

紀友則
東路のさやの中山なかなかに何しか人をおもひそめけむ

小野小町
色見えでうつろふものは世の中の人の心の花にぞありける

「蓮下絵百人一首和歌巻断簡」 本阿弥光悦筆 江戸時代 17世紀 東京国立博物館
本阿弥img184 (1)

金銀泥の下絵は俵屋宗達筆と伝えられています。
蓮は開花と同時に実が成ることから、仏教では成仏の約束を象徴するものとして
尊ばれたそうです。
元は巻子本でしたが、関東大震災で大半が焼失したとのことです。

前大僧正
慈圓
おほけなく浮世の民におほふかな 我が立つ杣に墨染の袖


第4章 光悦茶碗―土の刀剣

本阿弥光悦は樂家二代常慶、三代道入に楽焼を学んでいます。
楽茶碗は楽焼の祖、長次郎(?-1589)が千利休の侘び茶の好みに応じて
作り始めた、手捏ねの茶碗です。

「黒楽茶碗 銘 雨雲」 本阿弥光悦 17世紀 三井記念美術館 重要文化財 
三井002

ざっと釉薬を掛けてあり、残った土色の地肌に深みがあります。
口縁は薄く、するどく切り立っていて、姿を引き締めています。

「黒楽茶碗 銘 時雨」 本阿弥光悦 江戸時代 17世紀 名古屋市博物館 重要文化財
本阿弥img175 (8)

寒々と厳しい姿から、時雨の銘が付けられたようです。

「赤楽茶碗 銘 加賀」 本阿弥光悦 江戸時代 17世紀 京都・相国寺 重要文化財
本阿弥img175 (9)

大振りの茶碗で、白土に黄土を刷毛塗りし、透明釉を掛けています。
前田家に仕えた裏千家4代、千仙叟宗室が所持したことから加賀の名があります。

「赤楽茶碗 銘 乙御前」 本阿弥光悦 江戸時代 17世紀 個人蔵 重要文化財
4-4-2017_004.jpg

乙御前(おとごぜ)とはおかめ、おたふくのいみです。
ふっくらとした姿で、上から見た形がおかめ、おたふくに似ているので、この名があります。

樂家の茶碗も展示されています。

 「赤楽茶碗 銘 無一物」 長次郎 桃山時代 16世紀
 兵庫県立美術館 重要文化財

中002

ふっくらとした素直な姿で、使い込まれた跡が肌の景色になっています。

「赤楽茶碗 銘 鵺」 三代道入 江戸時代 17世紀 三井記念美術館 重要文化財
三008

赤々とした茶碗で、胴に雲のような黒い塊が見えます。
平家物語に出てくる、夜な夜な御所の上に現れて近衛天皇を悩ませ、
源頼政に退治された鵺(ぬえ)になぞらえた名です。
「鵺」は能の演目にもなっています。

刀剣、書、工芸など、本阿弥光悦の多岐にわたる活動を見渡せて、
なかなか面白い展覧会です。

展覧会のHPです。


東京国立博物館では能登半島地震の募金を始めていて、本館正面階段前には
募金箱が置かれています。
長谷川等伯の「松林図屏風」も展示期間が1月28日(日)まで延長されました。

のDSC01120


東京国立博物館の募金開始を伝えるHPです。

関連記事

【2024/01/18 20:04】 美術館・博物館 | トラックバック(0) | コメント(0) |
comment
 
コメントを書く
コメントは承認後に公開されます。ご了承ください。
please comment















管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url ↓
https://nekoarena.blog.fc2.com/tb.php/5129-c85e0a52

プロフィール

chariot

Author:chariot
美術館・博物館めぐりとカフェの記事を書いています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード


| ホーム |