fc2ブログ
「FACE展2024」 新宿 SOMPO美術館
新宿
chariot

新宿のSOMPO美術館では「FACE展2024」が開かれています。
会期は3月10日(日)までです。

FACEimg286 (1)


FACEは損保ジャパン美術財団の公益財団法人への移行を期に創設された
公募コンクールで、今回が12回目です。
会場には応募した1,184名の新進作家から選ばれた、受賞作品9点を含む
入選作品78点が展示されています。
会期中、観覧者投票による「オーディエンス賞」の選出も行われます。
会場は撮影可能です。

グランプリ 「溶けて」 津村光璃 2023年
 可溶性建染染料・蝋けつ染め・綿布・パネル

FACEimg286 (2)

幾つかの色が滲んで、溶け合おうとしています。

優秀賞 「探究」 佐々木綾子 2023年
 墨・ペン・水干絵具・マーカー・和紙・パネル

FACEimg286 (3)
 
雑然と積み上がった本や資料の見せる一つの世界です。

優秀賞 「26番地を曲がる頃」 かわかみはるか 2022年
 日本画材・パステル・片栗粉・珈琲・キャンバス

FACEimg286 (4)

魚眼レンズで見たようなバスの中の情景です。
片栗粉や珈琲も使って色彩を工夫していて、描かれているのが女性ばかりというのも
面白いところです。

優秀賞 「あまりにも断片的な」 塩足月和子 2023年 石膏・キャンバス
FACEimg286 (5)

びっしりと石膏の粒々で埋め尽くされた画面です。

倉田和夫 「BREAD・143」 2023年 アクリル・麻紙・パネル
fDSC02277

倉田さんはよく細密に描かれたパンの絵を出展されています。

田口果歩 「カンテを聴いて」 2023年 日本画
fDSC02285

fDSC02309

一番印象に残った作品です。
カンテとはフラメンコで歌われる歌のことです。
ミュシャに倣った画面で、馬車の幌が円蓋をつくっています。
上下の青色に挟まれた中心に、さらに遠くに続く道と平原に視線が移ります。

寺本明志 「Patio―チェスをする人」 2022年 油彩・キャンバス
fDSC02252

マティスを思わせる装飾性があります。

柳澤健一 「M市S」 2023年 墨・カラーインク・紙
fDSC02305

プラントのキルンやベルトコンベアーなどをモノクロで描き、雪のような粒を散らしています。


展覧会のHPです。

昨年の「FACE展2023」の記事です。

関連記事

【2024/02/18 19:55】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
comment
 
コメントを書く
コメントは承認後に公開されます。ご了承ください。
please comment















管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url ↓
https://nekoarena.blog.fc2.com/tb.php/5151-60646af2

プロフィール

chariot

Author:chariot
美術館・博物館めぐりとカフェの記事を書いています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード


| ホーム |